トップページ

社会福祉法人のそみのホームページへようこそ。

 私たちは、お子さんの主体性を大事にしています
 私たちは「先生」として教え込み指示するのではなく、「生活者」としてお子さんたちと一緒に喜怒哀楽を共にし、お子さんたちの自主性や主体性を大切に教育保育しています。
 また、異年齢交流も大事にしています。大きいお友だちは自分より小さいお友だちが困っていれば声をかけ、手伝い、優しく接し、様々な活動に意欲的で前向きに挑戦します。その優しさや逞しさに触れ、憧れを抱いて大きくなると、同じように小さいお友だちを大切にし、前向きに活動していきます。自然と兄弟のような関係が生まれています。
 3歳以上児になると大人が「これをやります」ではなく、お子さんの「これがやりたい!」の気持ちで1日の活動が決まります。クラスの垣根を越えて各クラス担任で協力し合い、お子さんが遊びたい環境を保障し、職員全員で協力し教育保育にあたっています。

○白鳥保育園のアクセスマップはこちら

○白鳥ゆめっ子園のアクセスマップはこちら

〇白鳥水の里こども園のアクセスマップはこちら

○プアマナ園のアクセスマップはこちら

園長のメッセージ 
 現代の子育ては、子ども本来のあるべき姿を見失い、大人の価値観でゴールを決め、そこに子どもを到達させようとする風潮にあると感じます。
幼児期には、人とかかわりながら自然の中で遊び、「生きる勇気」となるような楽しい経験をたくさん行い「その子らしさ」を認め「私の感じ方ってステキなんだ」と子どもが自分を肯定できるような自信を育てていくことが必要です。

 社会福祉法人のぞみでは、お子さんが幸せに日々の園生活を送れるよう、また将来のために「人間力」=「生きる力」を養ってほしいと願って教育保育をしています.
そのために、職員の中でいつも確認していることがあります。

①お子さんと向き合うこと(お子さんの姿を丸ごと受け止め、他児と比べず成長を楽しむ)。
 親御さんの苦労に共感し、お子さんの成長を喜びあえる子育てのパートナーとなること。

②お子さんが自主的に生き方(好きな楽しい遊び)をみつけることを最優先と考え、意欲ある生活体験を保障すること。 そしてその時、決して大人の押し付け(知識主義、しつけ主義)にならずお子さん自身の感性、願い、主体性を大事にし、前向きに取り組めるよう寄り添い、ともに生きる「生活者」となること。

③身体や心の健康管理(生活習慣の確立、食の環境を整え食育を行っていくこと)。
 お子さんたちには、いつも好奇心があり意欲を失わない、満足感や達成感を感じやすい「しあわせ脳」を持った大人になってほしいと願っています。そのためにも、私たち職員も自分たちの脳を磨いていくことが大切だと考えます。大人が「教える」という意識は捨ててお子さんとともに自然豊かな環境の中で、ともに体験し、びっくりしたり失敗したり感動したりしながら、本当の意味での「賢いお子さん」が育っていける環境を保障し、教育保育を行っていくこと。





新着情報

 
ホームページを開設しました。
 
事業報告書を公開しています。