園生活

   0歳児( 歩行できるようになったお子さん) から5歳児のお子さんがオープンスペースの部屋で
  一緒に生活をし、まるで大きな家の中でたくさんの兄弟、家族と過ごしているかのような温かい雰
  囲気の園です。 
  小さいお友だちは大きいお友だちの姿を憧れのまなざしで見つめ模倣し、自分で遊びの発見・生活
  の知恵を身に着けていきます。また、大きいお友だちは小さいお友だちに対して温かくやさしく
  接するようになり、思いやりの心が育ちます。


水遊び
 水道から流れる水に手をかざしたり、蛇口に指をあて水しぶきを上げて喜んでいるお子さんたち。
夏にはジョーロやバケツに水を汲み、お友だちと水かけや追いかけっこなど、各年齢に合わせて設置
したプールで水の冷たさや感触を全身で味わっています。


砂・土遊び
 「土遊びしたい!」「トンネル作ろう!」と広い園庭にはお子さんたちが自由に遊べるように
大きな築山があります。お子さんたちは自分の好きな玩具を思い思いに選び、料理ごっこやトンネル、
温泉作りなどを楽しみます。土の感触を楽しむとともに友だちや保育教諭と一緒に喜びを味わいながら
遊んでいます。


リズム遊び・歌
 お子さんたちは歌やリズムが大好きで、広いホールにピアノの音が聞こえてくると自然と体を
動かします。リズミカルな音に合わせて走ったり止まったり跳んだりなど、お子さんが楽しく
のびのび体を動かすことで柔軟さや筋力、手先の器用さに繋がり、表現することの楽しみが増し
ていきます。


散歩
 どの園の周辺も自然が豊かです。その季節ならではの自然を全身で感じる散歩や園外活動も多く
取り入れています。自然の中で草花や生き物に直接触れ「カエルいたよ」「うわぁ、これなんだろ?」
と様々な発見や驚きをお子さんたち自身が体験していくことを大切にしています。


制作
 七夕飾りやクリスマスモールなど、四季を彩る制作を行なうことで行事や自然を感じることができます。
また、身近にある様々な素材を使って、自分のイメージしたものを自由に作ったり描いたりすることは、
手先の巧緻性、創造性を育み、お子さんの達成感や自信にも繋がります。


絵本や紙芝居
 色彩がきれいで、各年齢や発達段階にあった内容の絵本や紙芝居の読み聞かせを毎日行っています。
読み聞かせは大好きな大人とコミュニケーションを取りながら読んでもらうことで、話を聞く力や
想像力・表現力など豊かな心を育てるものと、大切に考えています。