保育園での生活

白鳥保育園・白鳥ゆめっ子保育園ってこんなところ…

 ○0歳児( 歩行できるようになったお子さん) から5歳児のお子さんがオープンスペースの保育室で
  一緒に生活をし、まるで大きな家の中でたくさんの兄弟、家族と過ごしているかのような温かい雰
  囲気の保育園です。(活動によって、部屋を区切り、年齢を分けて設定保育を行うこともあります。) 
  小さいお友だちは大きいお友だちの姿を憧れのまなざしで見つめ模倣し、自分で遊びの発見・生活
  の知恵を身に着けていきます。また、大きいお友だちは小さい知恵を身に着けていきます。
  また、大きいお友だちは小さいお友だちに対して温かくやさしく接するようになり、思いやりの心が育ちます。














 ○広い園庭、檜造りのホール、夏涼しく冬暖かい園舎で晴れの日も雨の日も、天候に左右されることなく思う存分体を動かして遊んでいます。
 ○保育園の周辺は自然が豊かで四季折々の風景が広がり、散歩や園外保育を多く取り入れています。その季節でなければ体験することのできない遊びや自然とのふれあいを大切にしています。



 みんな大好き!保育園の給食
 お子さんの味覚や体はもちろん、意欲や感性を育てる給食をとても大切にしています。
保育園で提供される給食やおやつに使用している食材は国産無農薬、地場産品のものばかり。
ご飯は炊きたてのおいしさをお子さんに味わってもらうため、契約農家から有機栽培米を仕入れています。
 栄養士が一日の栄養バランスを考えた保育園独自の献立を考え四季折々の旬の味、塩分・糖分控えめの
素材の味をいかした調理を行います。給食はもちろんおやつも毎日手作りしており既製品が出ることはあ
りません。
 また、4・5歳児クラスでは、セミバイキング方式の給食を取り入れています。自分で食べられる量を
考えて食事を盛り付けることによって、苦手だった食べ物もニコニコ前向きに食べられるようになります。

 お子さんが好きなメニュー、季節に合ったメニューなど、おいしく楽しく食べられるメニューが並び、
給食やおやつタイムはお子さんたちのうれしい時間の一つとなっています。