園のご紹介

 白鳥保育園・白鳥ゆめっ子園・白鳥水の里こども園
 白鳥保育園は南方町峯、白鳥ゆめっ子園は迫町北方、白鳥水の里こども園は迫町佐沼にあります。  
子育て支援事業の一環で「白鳥スマイルキッズデー」を毎月実施しています。保育施設を利用していない地域のお友だちとご家庭の方に参加して頂き、白鳥・ゆめっ子・水の里の教育保育体験や育児相談を行っています。
日程については、各園にお問い合わせいただくか、広報とめに掲載していますので、お気軽にご参加ください。  

 小規模保育事業所 プアマナ園
 平成27年5月に認可された園で南方町峯にあります。
0歳~2歳児対象で定員12名の小規模保育園ですが、白鳥、ゆめっ子園、水の里と同様、1人ひとりのお子さんを大切に保育しています。  


 放課後児童クラブ 白鳥ホワイトキッズ
 これまでは、小さい頃から過ごしていた保育園を卒園し小学校に入っても、継続して利用できるように…と保護者の方が中心になり放課後児童クラブを運営してきました。利用するお子さんの増加により平成27年4月に認可を頂きました。白鳥ホワイトキッズは利用しているお子さんにとって自然体でホッとでき、仲間達と遊び、笑い合える、素敵な時空間となっています。



 法人理念
 社会福祉法人のぞみは、「人を大事にする」を基本に、お子さんたちの発達の保障、子育て支援、人材育成、地域に貢献できるよう努めます。

 教育保育理念
 お子さん一人ひとりを大切にし、楽しく、意欲ある園生活と発達を保障していきます。 

 教育保育の基本方針
 大人が中心で「今日は~します」「次は~しましょう」とお子さんに指示をしたり、カリキュラムにそって教え込む教育保育は行なわず、「~したい!」というお子さんの気持ちを大切にしています。職員は、そのお子さんの思いに共感し、それに関わる人の気持ちも一緒に考えていきます。また、お子さん自身が五感を使い、体験していくことによって大脳を発達させ、主体性、協調性、発想力、実行力、加えて社会で生きていくための基本的な優しさや思いやり、そして「ありがとう」と素直に感謝できる心を育んでいきます。